前略。スターリン(旧ソ猫を噛む)

好きなドキュメンタリーと音楽と旅を楽しむ前提で原発の今

Dreamcatcher5・2 鶯谷の夜

 魔都東京はラッピングトレイン走る山手線の中で未だ昭和ど真ん中な香り引きずる街、鶯谷。古いグランドキャバレーを改装した東京キネマ倶楽部に、KPOPガールズの中でも悪夢コンセプトでひときわ尖ったDreamcatcher(ドリームキャッチャー)がアジアツアーコンサートをするという、もう期待しかないところ。

 曲数も多くて思ったよりも近くでメンバーの所作を生で観れたて良かった、と同時に舞台の質としては残念な気持ちが残った。原因は日本の事務所と運営会社がお金と人材と工夫と時間を惜しんだ事だと思う。もう何度目のデジャヴだ

 

悪夢その1 音響

グループの得意な楽曲、メタルロックというジャンルは苦手なので会場の音質自体にそう期待してなかったけど、想像を下回る音響調整がダメなライブハウス並だった。重低音に偏ったスピーカーセットは今回の様な古いビル建築内で二階三階席がフロアにせり出す空間では、丁寧に音響調整をしないとボーカル音域が個性のないアニメ声ノイズにしてしまう。

しっとり聞かせるはずのバラード曲でもメンバーの魅力的な声質が活かされていない。全てソムニャの脳内イコライザで補正されてようやく正気を保つレベル。これでは海外から参戦に来たファンにも申し訳ない。

 

悪夢その2 狭いステージ

斜め後方から見ていると7人が伸び伸び群舞するにはステージ面奥行き両翼も狭すぎ。観ていて申し訳なく思う。視界には全員のフォーメーションが確認できるけど。1曲踊るたびに汗が退かないのは過酷な運動量と空調と照明の問題なのか。

 

悪夢その3 衣装がアレ

衣装が最初から最後まで女学生風制服だったのも残念。制服で鋭い群舞が売りのヨチンでもないし、日本の拙い団体でもないのだし。メンバーそれぞれ自分なりに着こなしてはいたけど、ガールズの日本でのステージでガッカリさせられるのは制作チームの「カワイイが正義」的な安易さが透けて見えること。せっかくの悪夢コンセプトに見合う退廃ロケがまったく活かされない。

 

悪夢その4 価格 

決して安くない1万円前後のチケット払って期待したのは、音楽番組のステージ衣装をリメイクしてでも、ゴシックホラー調ドレスとかYou and I のボンテージ系とかロケーションに見合う2パターン観たかった。

KPOP界隈はチケット代が強気に設定されがちだけど、たとえば今回のような箱が倍のキャパだったら二階席は半額の4千円代、三階席は2千円代と設定してライブ初観戦の入り口を増やして可能な限り満杯にするとか、ファンを増やす機会を逃している。狭い視野で観客数見込み外れや短期的な赤字を恐れた結果が、ライブ限定グッズ数量不足で即完売になるのでは、通販の時は熱がだいぶ冷めてるわけで。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日本語バージョンという呪い

ライブ限定ユニットのジユ・ハンドン・ガヒョンの謎トリオで少女時代Gee(日本語ver)とか、これやるならむしろ君らは狂気の2代目オレキャラ(Orange caramel)を目指してくれないかと。姉グループDal★sherbetの「Hit U」を眼光鋭いシヨンとダミさんの絡みでカバーやってくれたらと切に願う。

 日本活動なので日本語バージョンでやってくれるのは・・・というジレンマを常に抱える。日本語歌詞が率直に言ってスポンジの様な存在に思える。グループのコンセプトに似合う様な攻めた尖った日本語詞を切に望む。

 

 

 

 

 

 

 

 

SPICA 1st showcase in Tokyo(夜回)

完璧なセットリストは他の方に頼んでの、備忘録。
日が暮れるのが早い季節、イルミネーションと人波をぬって原宿アストロホール(スタンディング約400人収容)へ。
前売りチケットに整理番号80番代が入っていたので入り口に到着して行列待たずに入れた。会場は思った以上にステージ幅が狭く、5人でステージやるとしては窮屈な感じ。自分より先に入ってる観客はステージを5重くらい囲んで詰まってた。それでもステージは充分近い。周りの会話を聞くと昼の回に参加した人ばかり。結果的に昼夜2回とも満員。男女比もバランス良かった気がする。


開演スタートでプロジェクタースクリーンが上がると、シルエットからいきなり「Russian roulette」
演者とえらく近い。何かの間違いかこれは。
ナレ、ジウォン、ボアの3人は黄色と黒のチェック柄衣装、ボア姐さん、金髪ロングでまさかのニコル風(マトリョーシカ型(大))。ボヒョンはイエローの細いエナメル生地のドレス?シヒョンは俺流な衣装(雑な表現でスマン)。PVでは5人ともキツめのメイクと派手な衣装だったけど、5人5色のボーカルがライブハウス特有の重低音を乗り越えてハッキリ聴けてるのは一安心。続けて2曲目は先行デビュー曲と順当な配置でよかった。


挨拶、日本語の主導権はナレ、時折ジウォンもアシストしてた。ボア姐さんはシヒョンを男子高校生のノリで「バカ」呼ばわりしたり、気恥ずかしいのかトークにチャチャを入れてくる姐さん独特の「悪魔的笑い」は何か遠い昔を思い出させてくれた。後日あの笑いはモンティ・パイソンのスペインの異端宗教裁判コントだとキッパリ分かったぞ。
ボーカル2大怪獣のボヒョンとボアがサシで歌うステージは、さながら無認可幼稚園に東西の両横綱が慰問にやって来た感じすらあり。豪華で不憫で贅沢な空間。


個人的にK-POPを広く聞くようになったキッカケを作ってくれた音楽製作集団Sweetuneでボア姐さんは製作に関わっていて(NHK BSにもボーカルトレーナーとして幼い頃のインフィニットと写ってる)、KARA Rainbow以外にもNine Muses「News」強烈なバックコーラスで名曲を世に出して来た天才が、今はなぜか上野動物園のシロクマくらい窮屈な思いをさせて申し訳ないやら、近くで見れてありがたいやら。歌い踊った後に、姐さんは正直疲れると。率直な感想を述べられたり。


2012年デビュー当時こそ、高度なダンスパフォーマンスを求められていないグループだったはず、ジウォン、これは3年前の曲、私たち20代だったので今大変です的な事を口にされる。ベビーフェイスというだけじゃなく天性の女性アイドルオーラがまぶしいんスけど。
シヒョンはここ最近はラップ専門パートでもなく、ボーカルパートを想像以上に上手にこなしてる。「tonight」活動中に歌番組で時間の都合で何度も強引にカットされてしまったパートをちゃんと堪能できて幸せだった。
ナレさんは他メンバーとのコーラスパートで絶妙の合わせ方をする、やっぱりコントロールピッチャー型なんだと再確認。
それでも質問コーナー、観客へ愛用品プレゼントコーナーで、ナレさんは謎を抱えた美的センスを披露された。後日お望み通りアキバに買い出しに行ってたら戦利品を公開してほしい(可能な限りでいいので、闇が深そうだしね)
すっぴん写真だと童顔の中学生にしか見えないのに、歌姫ボヒョンの超技巧歌唱は愚僧のような素人でも目の当たりにすると唸ってしまう。これは最低でも300年は修行しなと習得できない気がする。眉間のシワは前川清の自説「携帯の電波表示と同じで、3本立ってれば喉の調子いい」を想起。


アンコール1曲目に予告動画で練習してた宇多田ヒカルの曲で登場は意表を突かれた。絶妙で贅沢なコーラスはどこかの教会を借りてアコースティックコンサートVerで聞いてみたい。
韓国での活動曲で自分好みではないなーと思ってた「lonely」「You don't Love me」「secretTime」は今回ライブでこそ改めてノリの良さセクシーさを体感できた。Spica Sの楽曲はボア姐さん投入という反則技を見せつけられて、今まで雑に応援してきて本当にすいませんでした。


ハイタッチは途中で泣きそうになりましたよ、また必ず来て下さい。
(2016.12.07 記)

ラジオクラウドで毒蝮三太夫のミュージックプレゼント

今春スタート「ジェーンスー生活は踊る」内にマムシの中継コーナーが月〜木で現役続行中、しかし生放送聞時間は仕事中で聞けない。


ポッドキャストに変わってサービス開始してるTBSラジオクラウドで昼前の放送時間が遡ってストリーミングで聞けるようになってた。先の悠々ワイドでは10時半頃開始だったので時々は仕事の小休止時間と合って生放送が聞けたけど、もう聞けないなーと諦めてたところ、ラジオクラウドのサイトで表示されるスマフォ操作画面は今のところ使い勝手が正直悪いけど、簡単な無料ユーザー登録しておけば各番組を遡ってコーナー単位で聞ける。


ラジオクラウド以外で週間まとめ聞きのページもあった。8月3日分中継がいつもと違って子供と張り合う狂ったテンションでおすすめ
http://www.tbsradio.jp/59610

ベク・イェリン「By By My Blue」

6月リリースのベク・イェリン「By By My Blue」親しみの持てる童顔は15&デビューから変わらず

3曲入りミニアルバム、今回は楽曲自体の音がそれほど好みではないものの、彼女のボーカルが耳心地良すぎて、前作アルバムと繋げて梅雨から夏の間によく繰り返し聞いた。
チカラが抜けていて楽になる。テヨンの「rain」とも繋げてよく聴いた。


2015年リリースのソロアルバム「Frank」から先行シングル曲「Across the universe」ライブ動画

こちらは別段高級ヘッドフォンで聴いてるわけでもないけど、収録曲「As I Am」とか特に録音技術が高品位に聴こえる。

名画座で「マッドマックス 怒りのデスロード」「ミッション・インポッシブル ローグネーション」

飯田橋ギンレイホールで去年評判の良かった洋画2本立てをリーズナブル料金で視る。名画座で娯楽映画観るのは相当久しぶり。映画館は良かったけど、あとは個人的な備忘録でしかない。


「マッドマックス 怒りの〜」
何年に一本かという大傑作という評判も、動体視力がまったく追いつかない。老化もあってか劇中登場人物がどんどん死んでも誰にもなんの未練もわかないという。まずは自分が居てもおかしくない最底辺の群衆の描かれ方が、中2病の官僚っぽい。


「ミッション・イン・ポッシブル ローグネーション」
昔のテレビシリーズの司令テープが消滅するシーンをうろ覚えしてる程度。007はじめ諜報機関のエースが世界の危機を救うというストーリーがまず楽しめる体質じゃないという。英国首相が拉致られて自国のMI6よりも米国のCIAとMIF(国際金融機関じゃない方)の忠告をあっさり聞き入れて協力するって、何なのこの 俺ら信頼されてる感。


残りの人生で娯楽アクション映画を観るのは生涯これで止めとこうと。

「広河隆一 人間の戦場」

映画『広河隆一 人間の戦場』公式サイト
正月昼に新宿K'sシネマで観て来た。1日、映画の日割引で視るの珍しい。

カメラマン広河隆一氏のフォトジャーナリストとして撮り続け発信してきたことの軌跡。デイズ・ジャパン編集長、長年戦場の被爆地の子どもたちを継続して援助する活動も紹介されている。


中東紛争に関心を持ったのは 立松和平 広河隆一 対談と写真「レバノン極死戦」(84年刊 )を読んでからだと思う。
映画でも難民キャンプ虐殺を心身共に悶え苦しみながら、世界で初めて伝えた経緯が紹介されている。混乱のレバノン内戦で、転がる市民の遺体、家族が死体を抱き起こすと手榴弾が爆発するワナの話とか、一緒にベランダで遊んでいた友達が狙撃で頭を砕かれて以来、成長が止まってしまったという子どもの泣き顔が忘れられない。


チェルノブイリ原発事故の影響で甲状腺がんに罹ったベラルーシの当時の少女との再会も、「早期でみつければ助かる」という、福一原発事故の影響を過小評価して遅々として進まない健康調査へのメッセージになってると思う。

2015年はstellar、GFriend

stellar活動曲「Vibrato」音源もMVもステージも今年最高の出来だった。1位には届かなかったけど音楽番組での活動期間はstellarとして過去最長だったと思う。





今年2015年初め「Glass Bead」でデビューした6人組ガールズグループGFriend(ヨジャチング)。少女時代のデビュー曲と重なる要素が多くて否応なく引きずり込まれた。
人気歌謡デビューステージでミニ・アルバム収録曲「white」と「Glass Bead」



2nd活動曲「Me Gustas Tu」でも更に凝ったダンスフォーメーションと人間の身体能力を超えた激しい振付が。